スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックについて

最近レコーディングのために機材を色々設定をいじるのだが
以前より違う箇所をよく注目している。

現在一番音色設定のためにTRY&DOを繰り返しているのは
ピックである。

1枚100円のピックだが、中々いろんな音が試せるので
楽器屋で買ってから実際に試すのが楽しみになるのである。

つい最近ピックとしては割高な300円のチタン製のピックやら
鉄のピックを買いあさってみた。

実際に音を出すまで気がつかなかったのだが
鉄のピックは一見、ハイがきつい音になりそうだが
いつも使っているピックより丸い音が出るのでびっくりである。

恐らく普段割りと薄めのピックを使っているせいもあるのだろうが
鉄の厚みと、ピック先端が鋭利ではなく、自分のチョイスしたものは
丸みを帯びているものだからかもしれない。

音色を作る時に重視するのはやはり機材の影響が大きいが
実はピックは演奏性以外にもかなり重要なのではないだろうかと
気づかされた2007年冬って感じ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

渋い道具屋の『ピック』について

ピックピック(pick)は、ギターなどの撥弦楽器を演奏するための道具。爪、プレクトラム(plectrum)ともいう。または、物を引っ掛けて掘り出したりするための道具。つるはし(鶴嘴)、ピッケルなど。金属製の楊枝のことを指すこともある。.wikilis{font-size:10px;color:#66
プロフィール

U-Hi

Author:U-Hi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。